2016年10月

中学受験の受験内容への疑問

中学受験の受験内容への疑問

(公開: 2016年10月27日 (木))

同じ目標やレベルの子どもが学べる仕組みとして中学受験自体はあったほうが良いと思っています。ただ、そのための受験内容が、成績・試験の順位を主にしている点に疑問を感じます。大きな可能性を持つ子どもたちの合否を計るのが点数以外にたくさんあっても良いのではないかと思います。アメリカのように、ボランティアやボーイスカウト、研究活動といった個人の個性を評価するような受験制度であってほしいと思います。難問を解く方程式を必死に覚え、試験の成績を追いかけるありようが残念に思います。
合格後に入る中学が魅力的であればあるほど、中学受験の受験内容自体もより魅力的なものであってほしいと願います。
小学生の頃中学受験していたクラスメイトは、学校の勉強よりも先に進んだ勉強を行い、放課後は塾にいくために校庭で遊ぶことはほとんどありませんでした。早い子は小学校低学年から受験という目標に走っていたように思います。早い子は小学校低学年から受験という目標に走っていたように思います。勉強を頑張ることは大切ですが、友人同士で一緒に過ごす時間は少なく、その時間・その学校で一緒にできる「何か」があるのに、それよりも受験対策に時間と関心を向けることが「子ども成長や教育」面でよいことなのかどうか未だに疑問に思っています。
こちら(⇒http://www.cabesh.com)のサイトでさらに詳しく書かれています。


フィジカルというと

フィジカルというと

(公開: 2016年10月 5日 (水))

フィジカルというと体格というようなことを意味して

肉体的に強いというイメージがあります。

たあだ、体型・筋肉量の話だけではなくて

身長という面もフィジカルの要素に入ってきますね。

フィジカルBの効果・口コミはどうなのか調べてみました

こんな風に身長を伸ばすための栄養サプリメントも

フィジカルということを使って販売されています。

 

現代の科学技術力は発展したというのは当たり前ですが

筋肉を増やしたり、身長を伸ばしたりすることですら

適切な栄養がはっきりとしてきて、食事とは別にケアすることが

可能になってきているんですね。

 

日々の習慣とダイエットの手段とはどういうふうな結びつきが確認されているのでしょうか。

 

一日一日の生活習慣による影響を体重のアップは大きく受け取るみたいです。

 

遺伝というのではなく摂食内訳や毎日の習慣が家族で似てることが要因で保護者が肥満体型であるときには子も肥満体型であるなどといったような事例がたびたび見かけられます。

 

スタイル改善が求められる体重に全員がなることが多いのは親と子まとめて太りがちな日常生活をしてることが根本原因ではないかということなのでしょう。

 

余分な脂肪の使用は代謝の効率を増大させる策が大切なのですけれどライフスタイルは代謝に関しても影響を与える場合があります。

 

特別なダイエット手法をしないでも起床するタイミングや床につく刻限、3食の時刻設定のようなものを規則正しく健全なものに変える戦略をとることで代謝が行われる肉体に改良できると知るべきです。

 

一方で規律正しくない習慣は代謝機能の減少を招き、優良な痩身策を利用してもダイエットの効き目がなかなか出ない体内環境となります。

 

尽力しながらもダイエット活動によって削った理想体重を管理するときに重大な点は、自己規律に基づく生活習慣の改良です。

 

朝寝坊や夜の食事という悪癖をライフスタイルを改良するため捨てましょう。

 

深夜の仕事や夜の食料摂取は、日本人の体質は夜行スタイルに変化しているところであるとはいえ、代謝機能をおかしくする因子となりえます。

 

日々の活動を体型改善日誌を用意するなどすることによって明確化したりするアプローチは改革のモチベーションは強いがいまひとつ思ったようには遂行できないという傾向の人達に適しているといってよいかもしれないです。

 

見えていなかった癖や体調を確認することが可能である策が、メモを書くというものといえます。

 

 


息子の下着を買っています。

息子の下着を買っています。

(公開: 2016年10月 4日 (火))

男性の下着事情に詳しいわけではありませんが、小学生である息子二人の下着は私が購入しています。
まだ「あれがいい、これがいい」といった拘りは無く、母親が購入した下着を何の考えもなく着るだけです。
通常はお値段で決めていますが、夏の間はトランクスを履かせていました。
なんとなく涼しいんじゃないかと思ったからです。
でも、気が付きました。お風呂の後にトランクスを履いた次の朝には、必ず下着を履きかえていました。
なんでだろうと聞いてみたら「恥ずかしいから」と。
トランクスって恥ずかしいのかなあ。
私的には真っ白のブリーフの方がよっぽど格好悪くて恥ずかしいと思っていたのです。
でも、小学生だとそんなことは思っていないようです。
確かに息子のトランクスは派手な色で、目立ちます。
そうなんだあ、恥ずかしい思いをしちゃったのね。
反省してピシッと履けるボクサーショーツを買いました。
「どう?」と聞くと、「窮屈だねえ」って。
男子の下着選びもなかなか厄介なものです。
早く、自分で選ぶほど成長したまえ。
そのうち脱毛したいと言い始めたらどうしよう。今は男子でも脱毛する人がいるって聞いたことがあります。
どんだけ、美意識高いんねんって感じですが、身近にも脱毛したい男がいそうで言えません。→銀座カラー川越店について